枝豆と名付けられました。ただいま見習いPAやスタッフで奔走中。ちょっと特殊な環境で働いてます。職場の事は一人前になったら書けと言われたので、主に日常の事を話します。メールはこちら。kui-do@hotmail.co.jp


by misosiru33

親父

俺は、今まで自分の家族を誤解していたんだと思う
進路のことで本気で喧嘩して、家族がみんな敵にみえていた。でも違ったんだ

音楽で飯を食うなんて、そりゃ一般人からみたら不安定に見えて当たり前だ
ましてや自分の息子が。そうなんだ、それなのにさ

俺は話し合うのが怖くて逃げていた
親父と正面から話し合ったことなんて一度もなかった。でも今は違う

俺はきちんと自分の夢、目標を話した
音楽のせいには絶対にしない。自分の人生が失敗しても、それは自分のせいだ


一時間くらい、俺は家族と話し合いをした


そしたらさ、親父は俺に申し訳ないことをした、と謝ってきたんだぜ
なんだそりゃ

なんだよそりゃ

親父はどうしても俺を食いっぱぐれのないような道に進んで欲しかったらしい
俺の話を聞いて、その熱意が本物だって分かったんだと


こんなことならもっと早くお互い腹をわって話して、自分の夢に進ませてあげられたらよかった
時間を無駄にさせてしまってすまない、と


なんだそりゃ

なんだよ
高校生から、俺の熱意は変わる所か、もっと大きくなっちゃっただろ


やっぱ似てるね
俺たち

自分の事をなかなか話さないところ、多分、親父譲りなんだぜ


ありがとう。学校、やめるよ
[PR]
by misosiru33 | 2011-10-14 22:22 | 日記